Fine祭りで培養室長とお話しする機会がありました。

11月3日「Fine祭り2011 ひとりじゃないよ! 不妊」、おかげさまで、無事、開催・終了することができました。
イベントに参加していただきました患者様には心よりお礼申し上げます。

会場には日本臨床エンブリオロジスト学会のブースがあり、色々なクリニックの培養室長や生殖補助医療培養分野の助教授など第一線で活躍されている先生とお話をする機会がありました。

大変おこがましいのですが、私の鶏の卵のお話をさせていただきました。
ところ、なるほど、、、、と納得されていました。できる限り良い胚を育てるため、日々研究と努力を重ねても、卵の質自体をよくすることはできません。

下記ブログに詳しく私の持論が書いてありますので、参考にしていただければと思います。
おいしい卵の条件 – 人の卵に当てはめると。

いい卵は良い生活習慣から。ニワトリと人間、、、、両方とも地球上に生きる生物として自然のエネルギーをいかに体に上手に蓄え、より健康な体を維持するから、、、、共通する課題がそこにはあります。ブロイラーのニワトリがどのようにして卵を産み、私たちの手元にとどくのか、Wikipedia にてブロイラーで検索してみてください。

なぜ地鶏の卵の値段は高いのか、そして質がいいのか、その部分は人間にも共通します。
人間もニワトリと一緒、、、卵の質が大事です。どうやったら質がよくなるのか、、、、
皆様と一緒にこの課題に取り組んでいきたいと思っております。

今日は11月とは思えないような温かい日差しが窓からたくさん入ってきます。
今年も残るところあと2ヶ月ですね。

ゆったりと年末年始を過ごせるよう、いまから少しずつ準備を始めたいと思います。

アキュラ鍼灸院
ファティリティーウェルネス
院長 徐 大兼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次