ENGLISH
  03-5469-0810    

精子の数や運動率を上げる生活・食事改善について

これ一つで万能な精子機能改善策というものはないが、適度な運動や全身の代謝機能を高める、健康的な食事パターンにする、タバコを吸う人であれば、たばこをやめる、睡眠を十分にとる、疲れを取るなど継続して行うことが精子濃度や精子運動の亢進に関係します。

下記、Pub medで検索した文献の要約となります。男性不妊でお悩みの方は参考にしてください。

□肥満の上昇は精子の質の低下と相関がある。父方の食事が精子のtRNA由来の低分子RNA (tsRNA) 含むプロセスで子孫の代謝の健康に影響を与える可能性が示唆される。

□精液の質は過去40年間で50-60%も低下している。
セレンと亜鉛、オメガ-3脂肪酸、コエンザイムQ10 (CoQ10),カルニチンサプリメントの摂取量が精子の質を高めた。

□食品で繊維と抗酸化物質が豊富な野菜、果物、ナッツ、全粒穀物、魚、シーフード、甲殻類、トリ肉、低脂肪乳酸品は精子の品質と正の相関。

□亜鉛は生殖細胞、精子形成や受精に必要である。体内で貯蔵できない重要な微量元素で、定期的に食事から摂取が必要である。亜鉛は抗酸化作用もありホルモンのバランスに役立つ。

□精子の減少の~25%は食事パターンから生じている。オメガ―3脂肪酸、抗酸化剤(VitD,葉酸)、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸、魚介類, 家禽、シリアル、野菜、果物、低脂肪乳製品、脱脂乳の摂取は精子品質と正の相関があった。

□しかし、加工肉、大豆食品、ジャガイモ、全脂肪乳製品、チーズ、コーヒー、アルコール、糖飲料及びお菓子が豊富な食事は精液品質に悪影響との研究がある。

参考文献

Asian J Androl Jan-Feb 2017;19(1):5-14.
doi: 10.4103/1008-682X.167716.
Major regulatory mechanisms involved in sperm motility
Rute Pereira , et al.,

Meta-Analysis
Adv Nutr 2018 Nov 1;9(6):833-848.
doi: 10.1093/advances/nmy057.
The Effect of Nutrients and Dietary Supplements on Sperm Quality Parameters: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Clinical Trials
Albert Salas-Huetos,, et al.,

Randomized Controlled Trial
Zhonghua Nan Ke Xue. 2018 Dec;24(12):1064-1068.
L-carnitine improves sperm acrosin activity in male infertility patients

Li-Lan Sun et, al.,

Review
Rev Environ Health. 2019 Dec 18;34(4):339-348.
doi: 10.1515/reveh-2019-0008.
An overview on role of some trace elements in human reproductive health, sperm function and fertilization process
Mahdiyeh Mirnamniha ,et al.,

Review
Andrology. 2016 Jul;4(4):648-61.
doi: 10.1111/andr.12198. Epub 2016 May 27.
Chronic exposures and male fertility: the impacts of environment, diet, and drug use on spermatogenesis
J S Gabrielsen, et al.,

Review
J Reprod Infertil Apr-Jun 2018;19(2):69-81.
Zinc is an Essential Element for Male Fertility: A Review of Zn Roles in Men’s Health, Germination, Sperm Quality, and Fertilization
Ali Fallah ,et al.,

PloS Biol.2019 Dec 26;17(12):e3000559.
doi: 10.1371/journal.pbio.3000559. eCollection 2019 Dec.
Human sperm displays rapid responses to diet
Daniel Nätt, et al.,

Urologiia. 2018 Dec;(5):53-59.
[The use of nutrient complexes in idiopathic male infertility associated with asteno- and/or teratozoospermia: the search of predictors of treatment efficiency (preliminary results)] [Article in Russian] V A Bozhedomov, et al.,

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810