ENGLISH
  03-5469-0810    

【Q&Aまとめ】不妊鍼灸オンラインセミナー(2020/4/18)を開催しました!

当院では定期的に不妊鍼灸無料セミナーを実施しておりますが、現在新型コロナウイルスの影響で、当初予定していた会場での実施が困難になりましたので、今話題のzoomにてオンラインセミナーを実施させて頂きました。急遽の変更にもかかわらず参加していただいた方々に感謝申し上げます。

今回お話させていただきました内容は下記の通りです。

·     セミナー前半の内容 45分

・ 妊娠の仕組み
・ 正しいタイミングの取り方
・ パートナーの協力を得るための工夫について
・ ワークライフバランスについて
・ 良い卵子、ふかふかな内膜の育て方

·     セミナー後半の内容 45分

・ クリニック選びについて
・ 通院中に注意すべき点
・ 鍼灸の効果
・ 良質なサプリメントの重要性について

また、こんな時だからこそ、自分でできるセルフケアや当院で独自開発している妊活専用サプリメント・お灸について少しお話させていただきました。特に、足の三里については、免疫力アップ効果が様々な論文から示唆されておりますので、皆さんご自宅で毎日行っていただければ幸いです。

今回頂きましたQ&Aを公開いたします!

************************************

質問1

胚移植の際、鍼灸は移植当日受けるのがいいのか、前&後もしくは前or後がいいのか、ご意見伺いたいです。
また、食後すぐに施術を受けても大丈夫でしょうか?

当院では週一回治療に来られている方に対しては移植の後にお越しくださいと伝えております。移植サポートのみご希望の方に対しては移植の前後でお伝えしております。

移植前は一日か二日前、移植後はできれば当日、当日無理であれば次の日かその次の日までにはお越しいただければと思っております。初期胚移植と胚盤胞移植では着床の時期が異なりますが、移植後から妊娠判定日までが不妊治療の中でもっともストレスがかかるといわれております。不妊の原因の50%がストレスといわれている昨今、不妊治療のストレスも鍼灸で軽減できます。

施術においては、食後すぐでも大丈夫です。

質問2

病院の検査を拒否される方の治療はお断りとは、病院から治療は不要ですと言われても鍼灸をしても良いのでしょうか?

すでに受けている検査のデータを見させて頂きます。なぜかというと例えば卵管が詰まっている方に対して、いくら鍼灸をしても妊娠はしません。なのでまず私たちが治療をさせていただく前提として、自然妊娠を希望されている方でしたら、まず卵管はちゃんと通っているのか、精子はいるのか、これらが原因だといくら鍼灸をしても妊娠しません。速やかに体外受精にステップアップしていただく必要があります。なのでまずはそこをクリアにしないといけませんね。

病院から治療不要と言われた理由はなんなのか、妊娠できない理由を分かった上で不妊鍼灸をしないと良い治療はできないのではないかと考えております。
鍼灸のみでは、不妊治療としては不十分です。西洋医学的な検査は良い治療をするうえで、絶対に必要なのです。そのような観点から、病院での治療を受けたくない不妊鍼灸希望の方の治療はお断りしているのです。

質問3

以前、漢方薬局で移植後には鍼灸をしない方が良いと言われたことがあるのですが、そのようなことはありますか?

実際その漢方薬局の方に聞いてみないと分かりませんが、現在、様々な臨床研究からも明らかになっていますけれども、移植の前後に鍼をした方が妊娠率が高まるというデータも出ていますので、しない方が良いといった理由は私にはわかりません。もしかしたらその漢方薬局の方は以前不適切な鍼灸治療院の対応を経験されたのかもしれませんね。

 質問4

私は、抗リン脂質抗体があり、移植時にバイアスピリンとヘパリンが必要です。この問題は鍼灸で改善が見込まれますか?それとも薬剤での対策が必須でしょうか?

薬剤の対策は必須です。ヘパリンが必要ということはかなり抗リン脂質抗体の数値が高い事が考えられます。こういった場合はお薬で数値をコントロール出来るのでお薬を使いながら鍼灸では体調の管理をした方がいいですね。

例えば内膜が厚くなりにくい方、免疫に問題のある方、ストレスを感じている方、肩こり、腰痛、これらを改善し万全の状態で移植に臨むのがベストですね。

質問5

コロナの状況で、現状、診察時間はどうなりますか?

こちらをご覧ください。

 質問6

卵質改善、胚盤胞になかなかならない。

理由はいくつか考えられますが、自律神経、血流の問題が多いのではないかと思います。そういった場合当院のデータによると胚盤胞到達率が鍼灸開始から3ヶ月後上がってくることが分かっています。当院開発の妊活専用サプリ「ママになりたい」「トータルサポート」と自宅灸「あったかブレンド灸」を不妊鍼灸と併用してご利用いただくことで、相乗効果が期待できます。独自開発サプリメント・お灸プレママプラスについてはこちらから

 質問7

アキュラに通うとすると約2時間かかる。月2回通院では卵質改善胚盤胞になかなかならないですか?

月二回の通院に加え、ご自宅でのお灸、サプリの摂取をお勧めしております。ご自分で出来る限りのセルフケアはお願いします。あとはお住まいの地域によって私の鍼灸師の仲間に治療をお願いすることも出来るのではないかと思います。

 質問8

検査等で全く問題がない場合は、通常の鍼灸でもほぼ変わらないという認識でしょうか?要は血流で栄養を届けたり不調を調整するということですよね?

実際に検査結果やカルテをよく見ていると見落としている検査項目がある事があります。実際にお体をみさせていただいて、自律神経に問題があるのか、お腹周りが非常に硬いまたは冷えている、首回りが硬い(首の横なのか後ろなのか)、お腹周りでもソケイ部、内股が硬く圧痛があるのか、人によって治療するパターンが違います。問診票をよく確認し総合的に判断して治療を行なっております。

質問9

サンビーマーがいいと聞いたことがあるのですが、先生のされてるレーザーは、同じようなものでしょうか?

サンビーマーは遠赤外線治療器ですね。カラダの深部を温めるという効果が期待できます。

当院のレーザーですと、光の波長を首の星状神経節という部位にあてて、交感神経を抑制させるという効果が期待できます。交感神経が抑制されることで、卵巣・子宮の血液循環の改善を目指し、同時に着床に欠かせない免疫寛容を促します。サンビーマーにはそういった効果はないので違いといったらそういうところですね。

また、当院ではサンビーマーとは違いますが別メーカーの赤外線治療器を使い足まわりを温める・冷えを取る治療を行っております。

たくさんのご質問をいただきありがとうございました!

また、ZOOMにてオンラインセミナーを実施予定ですので詳細が分かり次第ご周知いたします!

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810