ENGLISH
  03-5469-0810    

第64回日本生殖医学会参加

今年の日本生殖医学会学術講演会は神戸で開催。

私はシンポジストとして生殖鍼灸(不妊治療のための鍼灸)について統合医療の専門家とともに、登壇予定です。

近年、生殖鍼灸へ注目が集まっています。
特に年齢が35歳を超え、低AMHの方への妊娠率は受けていない人に比べると、高くなることが明らかになってます。当院で集計しているデータも、同じような結果を示しています。

ただし、鍼灸は採卵を行う前3周期以上受けていただく必要があります。逆に、短期間の治療では効果は出にくいとも言えます。

生殖鍼灸(不妊鍼灸)が注目されるようになったきっかけや科学的に現在解明されている鍼灸の効果について、説明します。

貼付写真は、木曜日の早朝に開催される Fun Run & Walk のコース概要です。ホテル周辺2.2km 走るイベントです。早朝運動して、頭をすっきりさせてから勉強にいそしみたいと考えています。

私は木曜日・金曜日 学会参加のため不在となります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810