PGS(Preimplantation genetic screening) について

かつてPGSと呼ばれていた受精卵の染色体検査は現在PGTと呼ばれ、細かく分類されるようになってます。

PGT(preimplantation genetic testing)に関する最新の用語(略語)は下記の通りです。

PGT-A(aneuploidy)異数性異常=かつてのPGS(screening)

PGT-M(monogenic disorder)単一遺伝病=かつてのPGD(diseases)

PGT-SR(structural rearrangements)転座

最近日本でもPGTが水面下で普及し始めています。

かつては、0PN胚、1PN胚、3PN胚は移植すべきではないとされ、最近では、3PN胚は異常だが、
0PN胚と1PN胚は異常ではない可能性があるので移植の価値ありとされていました。

PGTの普及により受精判定でいままで移植に不適とされていた0PN,1PN (ボーダーライン)、3PN 異常受精胚もこの検査にかけると一定の割合で移植可能な受精卵であることが分かります。PGTは、流産回避(不育症治療)のみならず、不妊治療にも必要な技術だといえます。

最近の投稿

 

アキュラ鍼灸院へのアクセス

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩6分、
13a出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分