IVF 説明会 ART(高度生殖医療)と鍼灸の併用について

ART(高度生殖医療)と鍼灸の併用について

京野アートクリニック高輪のIVF説明会にて「ART(高度生殖医療)と鍼灸の併用」について講演させていただきました。

鍼灸外来や不妊鍼灸を利用される患者様の概要をお伝えしました。下記に該当する方が多く利用されます。

  • 不妊治療が思うように進まない方
  • 自分の「妊娠する力」に自信が持てない方
  • 子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫など婦人科系に不調のある方
  • PCOS(多嚢胞卵胞)など排卵障害がある方
  • 卵巣機能、妊娠する力が低下し始める年齢に達した方(35歳以上)
  • 男性不妊(勃起障害、精子運動率や数の低下)

男性不妊が解消されれば、自然妊娠が可能となるケースや受精率・胚盤胞到達率があがるケースがあります。

説明会へ参加された方の大半は35歳以上。年齢に対しての不安をお持ちです。

東洋医学で不妊を考えるとき、腎年齢を重視します。腎年齢とは実年齢とは別に生殖能力を司る腎の働きの状態を表します。20代でも腎年齢が高い方、40代でも腎の若さを保っている方がいます。年齢が高い方でも妊娠できるのはこのためです。

例えば、検査項目のFSH値は卵巣機能の状態を現します。腎年齢が高い方はFSHが高くなってしまってます。

鍼灸では

1)血流を良くして脳下垂体からの分泌ホルモン(FSH,LH)が卵巣までしっかり届くようにする

2)血流を良くして卵巣に潤い(滋潤)を与え疲れている卵巣を元気にし卵巣機能の衰えを予防する

このようはお話をさせていただきました。

最近の投稿

 

アキュラ鍼灸院へのアクセス

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩6分、
13a出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分