不妊鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸東京 渋谷/青山/表参道「アキュラ鍼灸院」
TOP > 鍼灸について > 一般鍼灸 > 一般鍼灸の適応疾患 > 自律神経失調症と鍼灸治療
鍼灸適応疾患

自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経について

自律神経には「交感神経系」と「副交感神経系」の二つの神経が存在します。全身のほとんどの器官はこの二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。 呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌など、自分の意志ではコントロールできない部分のシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。 こうした自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。自律神経をコントロールする中枢は視床下部という脳の一部です。ここは同時にホルモンの分泌中枢の役目もあるため、急激なストレスを受けて自律神経のバランスが崩れると、成長ホルモンや性ホルモンなどのホルモン分泌にも影響がでてきます。 また反対に、更年期に生じる、急激なホルモンバランスの変化は「のぼせ(ホットフラッシュ)・火照り・冷え・不眠・精神不安」などの自律神経失調症状をもたらすことにもなります。
神経の種類交感神経副交感神経
役割活動中に優位になる神経(別名:動物神経)安静時に優位になる神経(別名:植物神経)
種類汗をかく(汗腺をひらく)、内臓の機能を抑える、血管を細くする、心拍数を上げる、血糖値を上げる、腸の動きを抑える汗を抑える(汗腺を閉める)、内臓の機能を高める、消化吸収力を上げる、血管を広げる、心拍数を下げる、腸の動きを促す

近年の傾向

近年、交感神経の過緊張症ばかりでなく、副交感神経の過緊張症が多くなってきています。その原因は、頭脳活動が増える一方で、重労働や1日の歩行量が減り、身体運動の絶対量が落ちてきていることがあると思われます。
また、子供においても、外で思いきり遊ぶ機会が減り、反対に室内でTVを見たり、テレビゲームをしたり、夜まで塾通いをしたりと、身体に対する刺激量が急激に減少しています。
副交感神経の過緊張が起きると、腸の働きが過剰に亢進し、腸自体が細かく痙攣し、下痢をしたり、兎糞便(コロコロした便)になったりする症状が現れることがあります。これが「過敏性腸症候群」と呼ばれる症状です。
また、過緊張状態が長く続くと、副交感神経そのものが疲れ果て、活動そのものが急激に低下します。皮膚・粘膜の分泌異常やバリア機能の低下が起こり、外的刺激に対して非常に敏感になります。それに伴い、免疫力も急激に落ち込みます。
副交感神経の活動は30歳を超えると、歳とともに低下していきます。それにより外的刺激に対するバリア機能が落ち、免疫機能低下による疾患が発生しやすくなります。

「顆粒球」と「リンパ球」

新潟大学の安保徹先生は、白血球の一種の「顆粒球」と「リンパ球」のはたらきに着目して、アレルギーの発生原因を説明されています。「顆粒球」は交感神経が活発なときに多く産生され、不必要な細菌等を破壊します。しかし数が多くなり過ぎると、活性酸素を大量に産生してしまい、人体の中の粘膜や細胞組織を破壊し始め、胃潰瘍やガンなどの組織破壊の原因にもなります。
「リンパ球」は異物に対する抗体の種類を記憶することに長け、おたふく風邪やはしかなどの生涯免疫を獲得する役目を果たしています。副交感神経が活発化すると、リンパ球は増加します。
リンパ球が増えることは免疫力が高まることにつながりますが、副交感神経が過剰に亢進してしまうと、リンパ球も過剰になり、外部刺激に対して敏感になりやすくなります。アトピー性皮膚炎に罹っている人のリンパ球数は、健康な人に比べてかなり過剰に多くなっているという報告がなされています。

そのようなことから、アトピー、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患は全て副交感神経の過緊張状態で起きていると考えられます。ただ、ステロイドの長期使用をしたアトピー性皮膚炎罹患者は、顆粒球が逆転して多くなり、過剰な顆粒球産生により、皮膚の組織破壊が起こっていると言われています。 また、最近耳にする「子供のうつ」は、副交感神経の過緊張状態で起きているのではないかと考えられています。

鍼灸と自律神経

鍼灸やマッサージなどの外的刺激は、過緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげることが出来ます。さらに、皮膚刺激を通して脳の視床下部にも良い影響を与えて、ホルモン分泌のバランスを整えることにもつながります。
最近の研究では、「気持ちいい」という快刺激が脳内のβエンドルフィン等の神経ペプチド(※)の分泌を活性化させ、自律神経の機能を正常化させる働きがあることが分かっています。
鍼やお灸の気持ちの良い治療を受けた後、ふぅっと楽になるのは、治療の気持ちよさがβエンドルフィンを活性化させ、自律神経の働きを効果的に和らげるからなのでしょう。
※神経ペプチド:脳内には60種類以上が存在し、自発運動、食運動、体温調節運動、疼痛、睡眠、学習、記憶などその機能は多機能にわたって深く関わっている。βエンドルフィンはその働きから、「脳内麻薬物質」とも呼ばれている。

自律神経失調症は、肩こり・冷え性・不眠症・下痢・便秘・食欲不振やどの場所が悪いかはっきり分からない「不定愁訴」などの症状を一緒に伴っている場合が多くみられます。 当院の鍼灸治療では、各患者さんがその時に抱える具体的な症状に合わせて、柔軟に対応・治療していたしております。 鍼治療で治癒を期待することは症状によっては難しいですが、週に1回でもコンスタントに通院していただくことによって、数ヵ月後には効果が現れてくるように思われます。また、より早く、より良好な回復を目指すために、日常生活におけるちょっとした工夫やアドバイスをお伝えすることもあります。 愁訴のない、心地の良い暮らしが出来るようサポートさせていただいております。


* * *

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  • 痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  • 膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他


*  *  *


▼その他の「一般鍼灸」コンテンツもご覧下さい






  • 患者様の声
    ▲当院でめでたく出産された先輩ママからの応援メッセージ
  • ▲スタッフ募集中!アキュラと共に成長して鍼灸業界をリードしませんか?
  • ▲アキュラ鍼灸院は、専門学校と提携した鍼灸師育成に積極的に力を入れています。
  • ▲当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏がお灸のツボについて動画で詳しく解説しています。
  • NEW【送料無料で1週間お試しセット登場!】妊娠前から出産後までの妊活専用の安全・高品質のサプリとお灸。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏を中心に、生殖医療チーム(医師・薬剤師・管理栄養士・不妊専門鍼灸師)と共同で開発しました。
  • ▲「不妊鍼灸を、正しい形で普及啓発すること」を目的に設立。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏が事務局長を務めています。