不妊鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸東京 渋谷/青山/表参道「アキュラ鍼灸院」
TOP > 鍼灸について > 一般鍼灸 > 一般鍼灸の適応疾患 > むち打ち症(交通事故)と鍼灸治療
鍼灸適応疾患

むち打ち症(交通事故)と鍼灸治療

衝突時の激しい衝撃によって頚の筋肉や靭帯が損傷され筋肉はスパズムと呼ばれる持続的に収縮し硬い状態になります。 その結果むち打ち損傷では頚部の筋の損傷による疼痛及び、運動制限をもたらします。後頚部の筋のスパズムは特に、後頭神経痛を引き起こします。そして頚部から出入りする神経をスパズムした筋が圧迫することにより、上肢へのしびれ等の神経症状が出現します。また頚部の交感神経も圧迫され頭痛・悪心等の自律神経症状が起ります。 鍼灸治療は、筋のスパズムに対して非常に有効な治療法です。

むち打ち損傷で頻度の高い症状

○頚部および背部痛

事故後に救急外来を受診する患者さんの60%以上が頚部痛を訴えています。また、背部痛の発症は、65%が6時間以内、28%が24時間以内、残りは72時間以内と言われています。

○頭痛

患者さんの80%以上が頭痛を訴えています。そのうちの46%は後頭部に、34%が頭全体に、20%は他の部位に起こります。また、偏頭痛の再発を引き起こすこともあります。

○めまい

めまいを訴える患者さんもたくさんいます。その50%は、回転性めまいで、自分自身がグルグル回っているように感じます。35%は、非回転性めまいで、フラフラするとか、グラグラするように感じます。14%に耳鳴りを、5%は難聴を訴えています。

○感覚異常

約30%の患者さんは、他覚所見のない感覚異常(痛みやシビレなど)を頚や腕、手などに訴えます。

○筋力低下

筋力低下は、腕神経叢障害・頚神経根症により障害されている神経領域の筋力の低下が起こります。

交通事故の治療費

交通事故の場合、自賠責保険・自動車保険の適応となります。柔道整復科の治療も同時に行っております。全額保険適応となる場合がありますので ご相談ください。


* * *

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  • 痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  • 膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他


*  *  *


▼その他の「一般鍼灸」コンテンツもご覧下さい






  • 患者様の声
    ▲当院でめでたく出産された先輩ママからの応援メッセージ
  • ▲スタッフ募集中!アキュラと共に成長して鍼灸業界をリードしませんか?
  • ▲アキュラ鍼灸院は、専門学校と提携した鍼灸師育成に積極的に力を入れています。
  • ▲当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏がお灸のツボについて動画で詳しく解説しています。
  • NEW【送料無料で1週間お試しセット登場!】妊娠前から出産後までの妊活専用の安全・高品質のサプリとお灸。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏を中心に、生殖医療チーム(医師・薬剤師・管理栄養士・不妊専門鍼灸師)と共同で開発しました。
  • ▲「不妊鍼灸を、正しい形で普及啓発すること」を目的に設立。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏が事務局長を務めています。