不妊鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸東京 渋谷/青山/表参道「アキュラ鍼灸院」
TOP > 鍼灸について > 不妊鍼灸(子宝鍼) > おすすめの食材は?
妊娠しやすいカラダづくり

おすすめの食材は?

中医学的な視点から、妊娠前・妊娠中にオススメの食べものを表にまとめました。妊娠前・妊娠中には、脾、腎、血と呼ばれる要素を大事にするとよいといわれています。そこで脾、腎、血を補う食材と、“安胎”といって胎児を安定させるのによい食材もあげておきます。
脾を補うナツメ リンゴ 鶏肉 山芋 きんかん 雑穀類(丸麦 高きび もちあわ ひえなど)
腎を補う黒ごま 黒豆 黒米 山芋 きくらげ 枸杞(くこ)の実 海老(桜エビなど手軽で良い) ニラ
血を補うナツメ 枸杞(くこ)の実 きくらげ 牡蠣 レバー ほうれん草等
安胎シソ・レモン・ぶどうなど・・・・

妊娠前や妊娠中は、アイスクリームや冷たいお茶やジュース、西瓜、冷麺ばかりを食べると、体を極端に冷やすことになります。 逆に大量の唐辛子や、油っこいもの、ニンニク ニラ、胡椒や山椒、シナモンなどスパイス類を多用すると、体に“湿熱”が溜まりやすいので避けた方がよいでしょう。 もちろん食欲増進のために少量を掛ける程度なら大丈夫。また、身体を温める温熱性の食べ物を食べるときは、身体を冷やす働きのある物と組み合わせるように心がけましょう。
体を温める食材や生薬胡椒 唐辛子 花椒(中国の山椒) 羊肉 くるみ 鶏肉 えび ニンニク 生姜 ねぎ ニラ 黒糖 桃 高麗人参 肉桂 紅花など
体を冷やす食材や生薬小麦 ほうれん草 蟹 アサリ タコ トマト 茄子 キュウリ ゴボウ 苦瓜 大根 海苔 冬瓜 西瓜 マンゴー バナナ 柿 緑豆 はと麦 菊花など
偏りがない性質(平性)の食材や生薬とうもろこし 大豆 黒豆 卵 豚肉 鴨肉 スッポン 木耳(きくらげ) 蜂蜜 米 シイタケ しめじ ジャガイモ にんじん 里芋 サツマイモ キャベツ など


* * *

妊娠しやすいカラダ作り コンテンツ一覧



*  *  *


▼その他の「不妊鍼灸(子宝鍼)」コンテンツもご覧下さい






  • 患者様の声
    ▲当院でめでたく出産された先輩ママからの応援メッセージ
  • ▲スタッフ募集中!アキュラと共に成長して鍼灸業界をリードしませんか?
  • ▲アキュラ鍼灸院は、専門学校と提携した鍼灸師育成に積極的に力を入れています。
  • ▲当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏がお灸のツボについて動画で詳しく解説しています。
  • NEW【送料無料で1週間お試しセット登場!】妊娠前から出産後までの妊活専用の安全・高品質のサプリとお灸。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏を中心に、生殖医療チーム(医師・薬剤師・管理栄養士・不妊専門鍼灸師)と共同で開発しました。
  • ▲「不妊鍼灸を、正しい形で普及啓発すること」を目的に設立。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏が事務局長を務めています。