不妊鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸東京 渋谷/青山/表参道「アキュラ鍼灸院」
TOP > 鍼灸について > 美容鍼灸 > 五行説と美容鍼灸
NEW アキュラにしか出来ない新美容オプションメニュー「アキュラ美妊活」が 始まりました!詳しくは鍼灸師にお尋ねください。

五行説と美容鍼灸

東洋医学的な考え方には、森羅万象を5つの要素に分類する「五行説」というものがあります。 森羅万象には人体も含まれ、人間の体も自然界と同じように5つの要素に分けて考えることができるのです。 東洋医学的な見地に基づいて治療を行っている当院では、マッサージに使用する精油も、この五行に基づき、患者様の体質や症状に合わせて選ばせていただいております。 ご参考までに、各要素のご説明をいたしましょう。

【木】もく

樹木の木、と書きます。わかりやすいイメージとしては、大きく茂った木です。 「木」に属する主要な臓器は肝です。肝臓の肝と書きますが、西洋医学的な肝臓の働きより、もう少し大きな概念を表しています。肝を流れる気を肝気と呼び、肝気は身心全体のなめらかな気の流れを保つ役割があります。 さらに、肝は血(けつ)にも重要な影響を与えます。血液の血と書くとおり、ほぼ西洋医学的な血液のイメージです。肝は、休息時には血を貯蔵し、活動時には放出することで、気と同じように血のなめらかで調和のある流れを維持しています。 もし、肝が気を疏泄する働き(なめらかに動かす働き)に失敗すると、気の流れは妨げられ、不規則になり、結果として気滞(きたい)とよばれる状態を生じます。文字通り、気が滞るという意味です。この状態になると、痙攣や腹部膨満、さしこみや痛みなどが起こりやすくなり、消化不良、便秘、頭痛、生理痛なども生じやすくなります。 また、気と共に血の流れまでが滞ると、欝血(うっけつ)という状態になり、病はさらに内側に進行し、痛みは一層激しくなります。 気血の滞りは、精神の緊張と欲求不満によっても引き起こされます。緊張しがちで、移り気、いらだちやすい心の状態が肝の機能を妨げ、気の流れを阻害します。 その逆もあります。つまり、気滞によって精神の緊張が生じるのです。 以上のことを踏まえ、木に属する体質の患者様には、気の流れをなめらかにし、鎮痙作用、鎮痛作用さらに、精神のリラックス作用を兼ね備える、理想的な精油をご用意いたしました。 このような精油の代表格は、ラベンダー/ローマンカモミールです。 「木」の不調和による肌の不調 便秘症によるにきび・肌荒れ 血行不足による肌つやのなさ など アロマでは: ラベンダー/ローマンカモミール 【体質の特徴】顔色は青白い。血流が悪く体に熱がたまりやすい。積極的で前向きな半面、不調になるとイライラし、ヒステリックになりがち。せっかちでもある。    

【火】か

燃えさかる火のイメージです。強いエネルギーをもち、万物を暖めます。 「火」に属する主要な臓器は心(しん)です。心臓の心と書きますが、西洋医学的な心臓の働きより、もう少し大きな概念を表しています。血を循環させ、統括する(コントロールする)役割はもちろん、心は「神」(しん)、すなわちあらゆる意識が宿る場所(コントロールセンター)でもあると考えられています。思考、感情、記憶、想像力を監督する「神」は、感情と精神活動の中心であり、自己認識の源です。 この「心」の働きが調和のとれた状態であれば、情熱と自発性という形で表現されます。 ところがこの働きがストレスによって乱されると、これは神経質さと苛立ちに変化します。また、感受性や情熱は「火」の特性ですが、度が過ぎた状態に亢進してしまうと、まるで火事のような過熱状態となり、いきりたち、傷つきやすくなります。その結果、神経衰弱や不眠症として症状が表面化するのです。 このような不調和には、心や神経系の熱を冷まし、鎮静し、さらに過剰な陽気(上気させる気)を鎮めるラベンダーなどが有効です。 「火」の不調和による肌の不調 不眠による肌荒れ など アロマでは:ラベンダー 【体質の特徴】顔色は赤い。肌は脂性でニキビなどができやすい。明るくマイペースだが、不調になると気分の浮き沈みが激しくなる。動悸や不眠に悩まされることがある。

【土】ど

土地の土と書くとおり、万物を養う、肥沃な大地のイメージです。 「土」に属する主要な臓腑は脾と胃です。脾臓の脾と書きますが、西洋医学的な脾臓や胃の働きよりも大きな概念を指し、消化作用全体だと考えていただければよいでしょう。脾胃の主な機能は、飲食物の消化と栄養分の運搬です。 脾胃は飲食物を気、津液(しんえき いわゆる体液のこと)、血に変容させます。肺や腎とともに、脾胃は全身に体力と活力を供給する主要な臓腑です。 脾胃が飲食を十分に消化しないと、体内に水分が滞り、腹部の膨満感や頭部、四肢の重だるさ、全身の倦怠感をおこし、むくみなどの原因になります。 このような不調和には、脾の気を補いリンパ(水分)の滞留を改善してくれるゼラニウムが有効です。また、神経性の緊張と衰弱の両方に効果のあるフランキンセンスは、日々のストレスが胃腸に影響している患者様におすすめです。 「土」の不調和による肌の不調 胃腸機能の不調による肌荒れ・湿疹・むくみ アロマでは:フランキンセンス・ゼラニウム 【体質の特徴】顔色は黄色。体が冷えやすく肥満に悩む人が多い。物事をじっくり考える思慮深いタイプだが、度が過ぎると思い悩むことの多い心配性になりやすい。場合によっては過食に走る。

【金】きん

地中に埋まった金属のイメージです。 「金」に属する主要な臓器は肺です。呼吸を主る肺は「気を統括する」といわれ、大気の「純粋な気」を吸い込み、代謝産物の「汚れた気」を吐き出します。 さらに、大気と飲食物の気が混合されると、営気(えいき)と衛気(えき)の生成にも関わります。 営気の役割は、営業の営と書くとおり、体全体の組織器官を栄養し、維持します。肺から経絡(気の通り道)を通して、内臓全体に営気が供給されると考えられています。。 一方の衛気は近衛兵の衛と書くとおり、体を守る役割があります。体表面を流れ、病気の侵入から体を保護しています。 つまり、外部の菌やウイルスなどから体を守り、体中にエネルギーを届けるのが肺の役割なのです。したがって、肺の状態が心身の活力に影響を与えます。 そのため、肺の機能が低下すると、倦怠感、浅い呼吸、憂鬱になります。さらに、肺は体毛と皮膚にも大きな影響を及ぼすといわれています。 また、肺は水分を全身にいきわたらせる機能もあり、水分をいきわたらせることができないと、肌がかさかさになってきます。 このような不調和には、フランキンセンスがおすすめです。フランキンセンスは「呼吸を深くする」といわれており、神経系に作用し、リラックスさせ、活力を与える力があり、肺の機能を高めるのに有効です。 「金」の不調和による肌の不調  血色不良・乾燥による肌荒れ・皮膚の炎症 アロマでは:フランキンセンス 【体質の特徴】顔色は色白。比較的健康で不調は少ない。冷静で面倒見がいいが、悲しみに弱く悲しみによるストレスを受けやすい。花粉症に悩まされる人が多い。

【水】すい

文字通り水のイメージです。水がなければどんな生き物も生きていけません。まさに命の水です。 「水」に属する主要な臓器は腎です。西洋医学的に考えても、体内の水分調節をしているのは腎臓です。 腎には水を調整するという主要な役割があります。 腎気が弱まり、体の水分調節が十分に行なわれないと、むくみなどの問題が生じます。 また、腎は個人の遺伝的な素因である精を蔵するとも言われています。受胎時に両親の精が統合されて生じる精は成長、生殖、発育をつかさどります。簡単に言うと精力といったイメージです。 さらに精は、体質の強さと病気に対する抵抗力を定めます。つまり体力の個人差といったイメージです。 精が枯渇すると不妊、習慣性の流産、骨の劣化、物忘れ、免疫機能の低下が生じます。 このような不調和には、水分の滞留を改善してくれるゼラニウムがおすすめです。ゼラニウムは気の流れをなめらかにし、水分が不足しているところに水分をいきわたらせる機能もあるため、乾燥肌にも有効です。 「水」の不調和による肌の不調 乾燥肌・むくみ アロマでは:ゼラニウム 【体質の特徴】顔色はやや黒っぽい。冷え症で代謝が悪く、下半身を中心にむくんだ感じの人が多い。おっとりしていて優しいが、何事も受身になりやすく、チャレンジ精神に欠ける。挫折にもろい。

※参考文献
http://www.kenko-journal.com/html_kenko/column_kenko_06.html
http://be-hada.net/nikibi/hadakarada2-1.html


*  *  *


▼その他の「美容鍼灸」コンテンツもご覧下さい






  • 患者様の声
    ▲当院でめでたく出産された先輩ママからの応援メッセージ
  • ▲スタッフ募集中!アキュラと共に成長して鍼灸業界をリードしませんか?
  • ▲アキュラ鍼灸院は、専門学校と提携した鍼灸師育成に積極的に力を入れています。
  • ▲当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏がお灸のツボについて動画で詳しく解説しています。
  • NEW【送料無料で1週間お試しセット登場!】妊娠前から出産後までの妊活専用の安全・高品質のサプリとお灸。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏を中心に、生殖医療チーム(医師・薬剤師・管理栄養士・不妊専門鍼灸師)と共同で開発しました。
  • ▲「不妊鍼灸を、正しい形で普及啓発すること」を目的に設立。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏が事務局長を務めています。